ローン返済でお悩みの方へ‐任意売却‐

  • HOME
  • ローン返済でお悩みの方へ‐任意売却‐

任意売却の基礎知識

山形県酒田市のイエステーション酒田店アイ不動産が、任意売却の基礎知識について解説します。住宅ローンの滞納や競売に関する問題をお抱えの場合は、できるだけ早めの対処が肝心です。手遅れになる前に、ぜひ当社までご相談ください。

こんなお悩みをお持ちの方には任意売却がおすすめです

こんなお悩みをお持ちの方には任意売却がおすすめです
住宅ローンの返済が苦しくなってきた
住宅ローンの支払いを滞納してしまった
差し押さえの準備が進行している
オーバーローンのため、不動産売却ができない

任意売却の特徴

住宅ローンを利用して購入したマイホームには、金融機関によって抵当権が設定されています。滞りなく支払いをしていれば何の問題もありません。しかし、万が一滞納すると、金融機関は抵当権に従って物件を差し押さえに入ります。その後、裁判所の手続きを経て、不動産は競売にかけられてしまいます。

競売は売主様にとって不利な条件での売却です。売却価格や引き渡し時期の交渉などは行えず、残債の返済方法などについても相談できません。不動産を売却できたとしても、今後の生活が立ち行かなくなるケースも多いでしょう。

任意売却は、こうした状況を回避できる手段のひとつです。手法としては仲介売却と大きな差はありません。不動産会社が販売活動を通じて購入希望者様を募り、交渉を行って売買契約成立までをサポートします。売却額も市場相場に近くなる傾向にあるため、競売に比べると高い満足が得られます。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

競売 任意売却
残債 安い価格で取引されてしまい、多くの残債を抱える結果に。返済のための資金確保も困難です。 債権者(金融機関)はできるだけ高く売れることを考え任意売却に応じます。市場相場に近い額での取引とし住宅ローンの残債を大幅に減らすことを目指します。
返済 返済方法については原則変更なし。不動産を売却した後も、これまで同様の支払いが続きます。 債権者(金融機関)との交渉次第では、収入や生活状況を考慮し、無理のない返済方法への変更が検討されます。
プライバシー 官報・新聞・ホームページに競売情報が掲載されます。また、競売執行官が出入りすることで、周囲に売却を知られるきっかけになる可能性もあります。 秘密厳守で売却を進めることもできますので、プライバシーが保たれます。
立ち退き 原則、引き渡し日になれば理由が何にせよ、即刻立ち退きを求められます。 債権者との交渉次第では、事情が考慮されて日程等の調整が行われます。強制立ち退きなどはありません。
引っ越し費用 売却代金はすべて住宅ローンの返済に充てられます。引っ越し費用などご自身で捻出しなくてはなりません。 債権者との交渉次第で、引っ越し費用を残してもらえる可能性があります。
今後の生活 現金もほとんど残らず、引っ越しすらも危うい状況。今後の見通しを立てるのは難しいでしょう。 準備金を残せる場合もあり、新しい生活を前向きにスタートできます。
任意売却が可能な期間

メリットの大きい任意売却ですが、実施のタイミングには注意が必要です。時期を逃すと、任意売却自体が行えなくなるからです。以下の表で任意売却が可能な期間と、それぞれの状況についてまとめます。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

時期 任意売却の可否 状況
滞納前 なんとか滞納は避けているものの、いつ支払いが滞るか分からない状況。できるだけ早く任意売却について不動産会社に相談しましょう。
滞納3カ月以内 ローンを滞納したことで、金融機関から督促状や一括弁済通知が郵送されます。放置すると、競売にかけられてしまいます。
滞納4カ月以内 競売開始通知が自宅へ到着。4〜5カ月後には、競売開始の準備になります。
滞納5カ月以内 競売開始間近。裁判所から執行官が訪問し、物件の写真撮影といった調査が実施されます。また、不動産関係者が訪問することも。
それ以降 × 競売が開始され、任意売却ができなくなります。

このように、競売が開始されてしまうと任意売却自体が行えなくなります。なお、滞納5カ月以内の時点で任意売却が行えるケースもありますが、これは状況次第です。万全を期すためには、滞納の可能性が出た時点で不動産会社と相談をするようにしましょう。

任意売却後も今の家に住み続けられるリースバックとは?

任意売却後も今の家に住み続けられるリースバックとは?

売主様と買主様との間でリース契約を結び、売買された不動産を賃貸として取り扱うのがリースバックです。通常、売却した不動産は期日までに買主様へと引き渡しをしなくてはなりません。しかしリースバックの場合は、売却後に賃貸物件として住み続けられます。

本来かかるはずだったさまざま費用を削減できることや、何より住み慣れたわが家から離れなくてよい点が最大のメリットです。また、売却した不動産は将来的に買い戻すことも可能です。こうした方法があることも、選択肢のひとつとして覚えておきましょう。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

メリット デメリット
  • 売却後も退去不要で住み続けられる
  • 引っ越し費用がかからない
  • まとまった現金を受け取れる
  • 固定資産税などの支払いがなくなる
  • 将来的に買い戻すことも可能
  • 不動産の名義が変わる
  • 毎月の家賃が発生する

酒田市での任意売却ならイエステーション酒田店アイ不動産まで

酒田市での任意売却ならアイ不動産まで

「大切な不動産を手放すのだから、できるだけ納得ができる形がいい」。そう願うのは誰でも同じことです。そのためには、物件が競売にかけられてしまう前に任意売却の手続きを進めることが大切です。当社がしっかりとお手伝いいたします。酒田市周辺で任意売却をご希望の方は、実績ある当社にご相談ください。

酒田市周辺での任意売却のお問い合わせはこちらから